出展団体プロフィール
おいでませ!活気あふれる萩島々へ!
photo

見島の伝統行事「おにようず」

山口県

萩諸島(見島・大島・相島・櫃島)

URL

● 萩市:http://www.city.hagi.lg.jp
● 見島観光協会:http://mishimakanko.sakura.ne.jp

島の情報
島の概要
image

【島名】見島
【所在地】山口県萩市見島
【面積】7.76㎢(平成27年全国都道府県市区町村別面積調)
【周囲】17.5km
【世帯数】459世帯(平成29年4月1日住民基本台帳)   
【人口】814人(平成29年4月1日住民基本台帳)
・山口県最北端の島で、気候は対馬海流の影響を受け温暖。海岸沿いの入り江に本村、宇津の2集落があります。
・早くから大陸との交易の中継地として文化の流入があったと見られ、防人が置かれたこともある。古くからの歴史を物語るジーコンボ古墳群をはじめとする史跡が見られます。
・島の最北端の「長尾の鼻」は同一場所から水平線から昇り、水平線に沈む太陽を見ることができる大変珍しい場所です。

image

【島名】大島
【所在地】山口県萩市大島
【面積】2.99㎢(平成27年全国都道府県市区町村別面積調)
【周囲】8.5km
【世帯数】286世帯(平成29年4月1日住民基本台帳)   
【人口】713人(平成29年4月1日住民基本台帳)
・島全体が台地状で、南岸沿いの集落のある部分を除き、島の周囲は断崖となっています。
・壇ノ浦の戦いに敗れた平家方の落人7人がこの島に流れ着いて島を開いたという伝説がある島です。

image

【島名】相島
【所在地】山口県萩市相島
【面積】2.37㎢(平成27年全国都道府県市区町村別面積調)
【周囲】10.km
【世帯数】70世帯(平成29年4月1日住民基本台帳)   
【人口】156人(平成29年4月1日住民基本台帳)
・島全体がなだらかな丘陵地で、集落・畑ともに台地上にあります。
・幕末には黒船来航を見張るための相島遠見役が置かれ、毛利藩の海上防備のための御藩所や大砲台場も設けられていました。

image

【島名】櫃島
【所在地】山口県萩市
【面積】0.83㎢
【周囲】4.km
【世帯数】2世帯(平成29年4月1日住民基本台帳)
【人口】3人(平成29年4月1日住民基本台帳)
・島全体が台地状で、海岸線は至る所で断崖となっています。

imageimage
島のPR

【見島】1000年の歴史があり、古墳やお寺、神社など文化財がたくさん残されています。
主要産業は水産業と農業で、農業は稲作を中心とし野菜の生産も盛んです。水産業は周辺に好漁場を有しており、島の近海では大物、小物釣りと季節ごとの釣りが楽しめます。また、長男の生まれた家では、正月に「おにようず(大凧)」を揚げる風習が残り、おにようずが高く揚がれば揚がるほどその子は健やかに育つと言われています。
見島の文化に触れ、行事に参加することも貴重な体験になます。是非、時を忘れた秘島見島を楽しんでください。

【大島】古くは壇ノ浦の戦いに敗れた平家の落人7人が大島に流れ住み着いたとされる「七名伝説」が語り継がれています。
まき網漁を主体とした漁業が盛んで、漁業に携わる若者が多く、県内離島ではトップの漁獲高を誇ります。また、葉タバコ、ブロッコリーの栽培も盛んで、農業の島としても注目を集めています。
島の昔話や懐かしい風景、断崖絶壁の奇岩、郷土料理などを五感で味わってみてくだい。

【相島】島周囲をめぐらす奇岩は絶景。島内を石垣がおりなす姿は、素朴な芸術品のようです。
県内の生産量の大半を占めるスイカは「相島スイカ」として有名で、とても甘いと評判です。またさつまいもの栽培も盛んで、それを原料とした芋焼酎「あいしま」も作られています。
自然豊かな相島を満喫してみてください。

【櫃島】室町時代後期の古文書には、「志都島」と記したものがあり、この頃には人が住んでいたものと考えられます。
海岸線は断崖絶壁が続きますが、内陸部はほぼ平坦地で、たまねぎや柑きつ畑が広がっており、ここから眺める日本海は絶景です。近年は、体験交流施設も整備され、来島者も増えています。
櫃島は、大島、相島などとともに、安山岩で構成された溶岩台地による島で、海上から見える各島とも、きれいな大地状をなしており、世界でも非常に珍しいものといわれています。

島へのアクセス【見島】萩商港から定期船で75分。(本村港着) 大人1,940円、小人970円 2(冬季)~3(夏季)便
【大島】萩商港から定期船で25分。大人400円、小人200円
【相島】萩商港から定期船で40分。大人610円、小人310円
【櫃島】定期船はなく、「萩ー櫃島海上交通組合」が本土との往復を行っている。
【共通事項】
○空港利用
・山口宇部空港:車で75分。またはバスで新山口駅経由105分。
・萩・石見空港:車で75分。乗合タクシーで75分。
○鉄道利用
・新幹線利用の場合は、新山口駅よりバス「スーパーはぎ号」60分
・山陰本線利用は、東萩駅下車。
○自動車利用
美祢東ジャンクション経由、「小郡萩道路」(無料)絵堂インターチェンジから車で約20分。
市内の移動は、「萩循環まぁーるバス」利用「定期船のりば入口」バス停下車。
情報通信

【見島】ADSL整備。携帯電話は全てのキャリア使用可能。
【大島】ADSL及びFWA整備。携帯電話は全てのキャリア使用可能。
【相島】FWA整備。携帯電話は全てのキャリア使用可能。
【櫃島】インターネット未整備ですが、携帯電話は全てのキャリア使用可能。

※地区によっては通話・通信ができない場合があります。

宿泊施設、食事処などの状況

【見島】島内の本村地区に4軒、100人程度、宇津地区に3軒、60人程度が宿泊できる旅館があります。また、本村地区に3軒の食事処があります。
【大島】島内には2軒の宿泊施設があります。また2軒の食事処があります。
【相島】島内には1軒の宿泊施設があります。食事処はありませんが、2軒の雑貨店があります。
【櫃島】体験交流施設に宿泊が可能です。

島へ移住された方の声

アイランダー2017への出展内容に関するPR

萩の島々には自然・歴史・伝統文化など魅力がいっぱいです。島の人々も人情があふれています。
今回の出展で萩諸島に興味を持たれた方は、ぜひ一度足を運んでみてください。
凧揚げ、ブロッコリー収穫、いも掘りなど体験行事も盛りだくさんです。

島活相談員
相談員区分: 行政(職員)UIJターン(経験者)
相談分野: 仕事
※島活相談員がくるブースには、相談の分野により下記アイコンがついています
  • 住まいについてのご相談
  • 仕事についてのご相談
  • 島への留学についてのご相談
  • 行政からの移住支援について
島のくらし情報

仕事・医療・住居などの情報が掲載しております。島への移住を希望される方はこちらをご覧ください。

島のくらし情報(PDF)
Adobr Readerダウンロード

PDFファイルを見るにはAdobe Readerが必要です。
ダウンロードはコチラ

トップへ