出展団体プロフィール
photo

生きた地球をまるごと体感!

島根県

西ノ島町

URL

● 西ノ島町:http://www.town.nishinoshima.shimane.jp/
● (一社)西ノ島町観光協会:http://nkk-oki.com/japan/

島の情報
島の概要

【島 名】西ノ島(にしのしま)
【所在地】隠岐郡西ノ島町(おきぐんにしのしまちょう)
【面 積】55.95㎢(平成27年度 国勢調査)
【周囲】約116km (平成22年度 国土交通省水管理・国土保全局 調べ)
【世帯数】1,504世帯(平成27年度 国勢調査)
【人口】3,027人(平成27年度 国勢調査)
【気候】日本海側にもかかわらず、温かく快適に過ごせます。
年間雨量 1600~1700㎜(環境省 調べ)
平均気温 14~15℃(西ノ島には、気象観測施設がない為、施設のある海士町の2008~2010年までの気象庁データを元にしています)
【位置】北緯36度5分37秒、東経132度59分40秒。 東京(首都)から直線距離で約600km、松江(県庁)から直線距離で約60km。(環境省 ”自然と共に生きる賑わいの里山づくり 事例編”より)

島のPR

【暮らし】
・島には、保育所が2箇所(町営・民間)、施設一体型小・中学校が、今年度完成しました。高等学校は島前地区に一校あります。また、島後地区に2校ありこちらは、通学が出来ない為、寮生活か下宿生活となります。
・24時間営業のコンビニはありません。新聞の朝刊も昼過ぎに届きます。船の欠航が続くと生鮮食品が品薄になるなど、都市部と比べると不便なことがたくさんあります。しかし、それ以上に、島のゆっくりとした時間の中で、人と人とのつながり、自然とのかかわりなど充実した日々を送れます。
・都会では、交通機関が充実していて、マイカーの必要性はあまりありませんでしたが、西ノ島ではバスとタクシーが主な交通手段となります。通勤、買い物、余暇を過ごすことを考えますと、マイカーは必需品です。

【伝統・文化】
「由良比女神社大祭(ゆらひめじんじゃたいさい)」・・・隔年(西暦奇数年)の7月最終土日に行われる大祭で、数多くある島の祭りの中でも最大規模のものです。
「精霊船(シャーラ船)」・・・8月16日の早朝、供え物をのせた精霊船が盆歌とご詠歌に送られながら青い海を滑るように引かれていくその光景は、西ノ島の夏の風物詩として多くの人に親しまれています。
「美田八幡宮の田楽(みたはちまんぐうのでんがく)」・・・美田八幡宮で西暦奇数年の9月中旬の例祭で奉納されます。地元では「十方拝礼(しゅうはいら)」と呼ばれ、全国的に見ても屈指の芸能であるとして平成4年に国の無形文化財に指定されました。
「日吉神社の庭の舞(ひよしじんじゃのにわのまい)」・・・日吉神社で西暦偶数年の10月に奉納される祭礼。平成4年に国の無形文化財に指定されました。
「隠岐島前神楽(おきどうぜんかぐら)」・・・7月になると各地で夏祭りが催されますが、その時奉納されるのが島前神楽です。県の無形文化財に指定されました。

【食・特産品】
活きたままのイカを発送する活イカパックや平成4年に全国で最も早く養殖に成功した『隠岐のいわがき』など、海産物が豊富です。

【自然】
「オキタンポポ」などの島の固有権、北方系、南方系、大陸系、高山性、氷河期時代の生き残りの植物などが海岸の低地に分布しており、貴重な生態系が今もなお残されています。

【観光】
西ノ島の雄大な景色はTV、映画のロケ地として登場します。「NHK朝の連続テレビ小説『だんだん』」「映画『私は貝になりたい』」など。最近では、隠岐古典相撲を題材とした『渾身 KON-SHIN』が2013年1月12日に公開されました。(第36回モントリオール世界映画祭、フォーカス・オン・ワールドシネマ長編部門に出品)。

島へのアクセス

【航路】
フェリー又は超高速船
・島根県七類港又は鳥取県境港よりフェリーで約2時間30分。大人・・・2,920円(1日2便)
・島根県七類港又は鳥取県境港より超高速船で1時間(直行便の場合)。大人・・・5,760円(1日2便)

【空路~航路】
・大阪伊丹空港から隠岐世界ジオパーク空港(島後)(約1時間) 空港連絡バスで隠岐汽船西郷港(約10分) 西郷港から超高速船で別府港・西ノ島へ                            
・島根出雲縁結び空港から隠岐世界ジオパーク空港(島後)(約30分) 空港連絡バスで隠岐汽船西郷港(約10分)、西郷港から超高速船で別府港・西ノ島へ
・東京羽田空港から島根出雲縁結び空港 飛行機(約90分)出雲縁結び空港から松江駅 連絡バス(約30分) 松江駅から境港隠岐汽船乗り場 連絡バス(約40分)
・東京羽田空港から鳥取米子鬼太郎空港 飛行機(約80分)米子鬼太郎空港から境港隠岐汽船乗り場 連絡バス(約15分)
・大阪伊丹空港から島根出雲縁結び空港 飛行機(約90分)出雲縁結び空港から松江駅 連絡バス(約30分) 松江駅から境港隠岐汽船乗り場 連絡バス(約40分)

【高速バス】
・東京、大阪、神戸、京都、広島、岡山、福岡から島根県松江もしくは鳥取県米子へ。松江・米子から七類港・境港まではバスもしくは電車等。

情報通信

・島には海底光ケーブルが敷設されており、島内全域に光ファイバーが整備されています。インターネットが利用できる宿泊施設については、事前にご確認ください。                     
・携帯電話についてはdocomo、auは山間部では不安定になりますが、居住区では通信速度は安定しています。Softbankは、浦郷、美田、別府、宇賀地区では通話可能となっていますが、それ以外の地区では通信速度が不安定となります。

宿泊施設、食事処などの状況

・島内に宿泊施設(民宿6軒、旅館5軒、ホテル3軒)があります。収容人数に限りがありますので、事前予約していただくと確実です。
☆お問い合わせ先 (一社)西ノ島町観光協会 tel08514-7-8888

島へ移住された方の声

平成27年3月号 「広報 にしのしま」より 
・Mさん一家(神奈川県から)
Mさん一家は、1週間体験漁業を通して滞在し、移住を決定しました。その際に経験したある出来事が、きっかけとなりました。体験漁業の際に経験した台風によって、水道や電気といったライフラインがほとんど止まる被害にMさん一家は遭いました。しかし、Mさんは、「自然の怖さや大変さを経験し、多少の不便を受け入れることで特別困ることはなく、その中で子どもたちを育てることが叶いました。地元住民の温かい言葉と優しさに触れることが出来ました」と言いました。島で暮らすことは不便が伴うが、今回の出来事に遭ったことは良かったかもしれないとMさんは元気に話されました。

・Nさん(千葉県)
西ノ島町の風景に魅了され、写真を撮る為に、20年前に単身でIターンを行いました。当時はIターン者は珍しく、噂を立てられることもありましたが、住民の優しさに支えられながら、西ノ島町の一員となりました。現在は様々な島内のグループに入り、積極的に活動に励んでいます。写真活動は、思わず帰省したくなるような写真を撮り続けています。

アイランダー2017への出展内容に関するPR

西ノ島を含む隠岐諸島は1936年に国立公園、2013年には世界ジオパークの一つに指定されました。そして、2015年度には世界ジオパークはユネスコの正式事業に認定される嬉しい出来事もありました。西ノ島はその中でも、美しい自然と大地の息吹を感じることのできる景観を眺めることが出来、その壮大さは海外からの観光客も魅了しています。西ノ島ブースでは、そんな自然を体験できる観光や移住に関するご提案をさせていただきます。多数の映画、テレビのロケ地に選ばれた大自然は、一度見れば忘れられず、訪れた人の心に刻まれることでしょう。是非、息も吐かせない壮大な自然を見に来て下さい!

島活相談員
相談員区分: 行政(職員)UIJターン(経験者)
相談分野: 仕事
※島活相談員がくるブースには、相談の分野により下記アイコンがついています
  • 住まいについてのご相談
  • 仕事についてのご相談
  • 島への留学についてのご相談
  • 行政からの移住支援について
島のくらし情報

仕事・医療・住居などの情報が掲載しております。島への移住を希望される方はこちらをご覧ください。

島のくらし情報(PDF)
Adobr Readerダウンロード

PDFファイルを見るにはAdobe Readerが必要です。
ダウンロードはコチラ

トップへ