出展団体プロフィール
photo

大自然が生んだ奇岩 「猿岩」

長崎県

壱岐島

URL

● 壱岐市:http://www.city.iki.nagasaki.jp/
● (一社)壱岐市観光連盟:http://www.ikikankou.com/

島の情報
島の概要
image

【島 名】 壱岐島 (いきしま)

【所在地】 長崎県壱岐市

【面 積】 139.42㎢ (属島を含む)

【周 囲】 約191㎞  (属島を含む)

【世 帯】 11,662世帯(平成29年 7月31日時点)

【人 口】 27,337人 (平成29年 7月31日時点)

【概 要】 
九州北部、玄界灘に浮かぶ壱岐島(壱岐市)は平成16年 3月 1日に郷ノ浦町・勝本町・芦辺町・石田町の4町が合併し誕生しました。本島と属島(有人島4、無人島19)を含めた面積では全国で20番目に大きい島(沖縄を除く)となっています。
福岡県博多港から壱岐市郷ノ浦港・芦辺港に向けて北西約76㎞、佐賀県唐津東港から壱岐市印通寺港に向けて北約41㎞に位置し、なだらかな丘陵性の土地となっており、対馬暖流の影響を受け年間を通して概ね温暖な海洋性気候となっており、台風などの自然災害の影響も少なく、比較的過ごしやすくなっています。
また、平成27年 4月には対馬・五島とともに日本遺産第1号に認定され、日本の伝統や文化を語る上で必要不可欠な島となっています。

島のPR

○歴史・文化
 日本遺産に認定された壱岐市は「原の辻遺跡」を王都とする「一支國」が中国の歴史書「魏志倭人伝」の中に登場し、古代から大陸との交流があったことが証明されています。また「鬼の窟古墳」や「千人塚」、「黒崎砲台跡」など島内各所で古代から近代までの歴史を感じることができます。
 「月読神社」に代表される1000を超える神社群があり、一説では「神道発祥の地」とも言われパワースポットとしても有名となっています。また、最近では「小島神社」が壱岐のモン・サン・ミッシェルとも呼ばれ、景勝地としても人気となっています。

〇イベント・行事
「新春マラソン」や「サイクルフェスティバル」、「ウルトラマラソン」といった島外参加者向けのイベント、公民館単位での運動会から島内住民を対象とした「市民体育大会」など大小様々なスポーツイベントや「八日市」や「勝本港祭り」といったお祭りも年間を通して島内各所で開催されています。
舞も踊りも神職のみで行われる極めて神聖な「壱岐神楽」は、神事には欠かせません。特に、「壱岐大大神楽」は、島内で最も大規模な神事で最長8時間にも及ぶ舞は非常に荘厳で素晴らしい雰囲気を味わうことができます。

〇景勝地
島内全域において透きとおる海面が魅力となっています。「筒城浜」が全国的に有名ですが、壱岐の北部に浮かぶ無人島の「辰の島」は筒城浜に負けず透きとおった海面であり、遊覧船から見る景色は非常に美しいものです。
「猿岩」に代表される景勝地が数多く存在しています。また、景勝地にまつわる神話も残されており、神話と併せて楽しむことができます。

〇その他
「壱岐牛」、「アスパラ」や「ウニ」、「マグロ」など豊かな自然から産まれる農水産物が有名で、四季折々の食材を楽しむことができます。また、WTOに産地指定を受けた「壱岐焼酎」は独自の製法で醸造されており、飲みやすくなっており美味しく飲むことができます。

島へのアクセス

壱岐へのアクセスとして①福岡経由、②佐賀経由、③長崎経由の3ルートから壱岐へアクセスできます。

①福岡経由
新幹線・飛行機で福岡へ。その後タクシー・バスなどに乗車し「博多港(博多ふ頭第1ターミナル)」へ。博多港からジェットフォイル(約1時間5分~10分)、もしくはフェリー(約2時間10分~25分)に乗船し、「郷ノ浦港」、もしくは「芦辺港」へ。
■料金(平成29年10月 1日時点)
大人(片道) ジェットフォイル 4,040円  フェリー(2等) 1,980円 ※時期によって料金・便数が異なります。

②佐賀経由
新幹線・飛行機などで福岡へ。その後電車・バスなどに乗車し「唐津東港」へ。唐津東港からフェリー(約1時間40分)に乗船し「印通寺港」へ。
■料金(平成29年10月 1日時点)
大人(片道) フェリー(2等) 1,900円 ※時期によって料金・便数が異なります。

③長崎経由
飛行機に搭乗し「長崎空港」へ。その後長崎空港から飛行機(約30分)に搭乗し「壱岐空港」へ。
■料金(平成29年10月 1日時点)
大人(片道) 10,100円

情報通信

FFTH(光ファイバー)方式を採用しており、島内全域が提供エリアとなっており、インターネット環境が利用できます。
※設置には工事が必要となる場合があります。

島内全域で3大キャリアが利用可能となっています。
※一部電波状況が悪い場所があります。

ケーブルテレビが導入されており、島内全域で様々な番組が視聴可能です。
※設置には工事が必要となる場合があります。

宿泊施設、食事処などの状況

島内各所に宿泊施設が46施設ほどあり、収容人数は約2,500人となっています。また、100店舗を超えるお食事処があり、壱岐の特産品を活かした料理のほかにも、定食、中華料理、イタリア料理など様々な料理も提供しています。

詳細は「(一社)壱岐市観光連盟」にお問い合わせください。
■電 話 0920-47-3700
■FAX 0920-47-5302
■メール info@ikikankou.com
■H P http://www.ikikankou.com/

島へ移住された方の声

農産物から海産物まで安く手に入ります!(時々無料でいただくこともできます!!)。そしてどれも非常においしくて、食いしん坊の私にはたまらない島です。自給自足のおばあちゃんを目指しています!!!!
(Iターン者・30代・女性)

自然が豊かで、都会にはないゆったりとした時間が流れています。壱岐を離れるまでは感じませんでしたが、壱岐は様々な点で魅力あふれる島です!!!
(Uターン者・20代・男性)

玄界灘の宝石箱と称されるだけあって、山海の幸の新鮮さ、美味しさは抜群です!
(Uターン者・20代・男性)

自然が豊かで、地域の方々の優しさや温かさが伝わるとても良いところです。なんといっても夏のビーチが最高!!!!
(Iターン者・20代・男性)

地域の方々の繋がりの強さと、心の温かさを改めて感じることができました!
(Uターン者・20代・女性)

家族だけでなく、近所の方々や知人にも、帰ってきたことを喜んでもらえて感動した。島外にいる間はどことなく「一人で生きている」という思いが強く心細かったが、今ではそのような思いもなく、安心して毎日を過ごせています!!
(Uターン者・20代・男性)

働くことで地元が元気にできるし、まだまだ元気なことを実感します。休日は家族と過ごす時間が多くなり、壱岐に帰ってきてよかったと感じています。
(Uターン者・20代・女性)

都会と比べると何かと不便なところが目に付いてしまうが、それもまた田舎の良いところであり、何より人とのつながりを改めて感じることができ充実した毎日を過ごせています!!
(Uターン者・30代・男性)

アイランダー2017への出展内容に関するPR

ブースでは移住・観光相談等受け付けております。気軽に足を運んでください!!
また、併設して物品販売ブースもご用意しております。壱岐の特産品の数々をぜひご賞味ください!!

島活相談員
相談員区分: 行政(職員)UIJターン(経験者)
相談分野: 仕事
※島活相談員がくるブースには、相談の分野により下記アイコンがついています
  • 住まいについてのご相談
  • 仕事についてのご相談
  • 島への留学についてのご相談
  • 行政からの移住支援について
島のくらし情報

仕事・医療・住居などの情報が掲載しております。島への移住を希望される方はこちらをご覧ください。

島のくらし情報(PDF)
Adobr Readerダウンロード

PDFファイルを見るにはAdobe Readerが必要です。
ダウンロードはコチラ

トップへ