出展団体プロフィール
photo

3島あるから「三島村」です

鹿児島県

三島村

URL

● 三島村:http://mishimamura.com/
● 三島村観光案内所:http://mishimamura.org/kanko/index.html

島の情報
島の概要

三島村は、薩摩半島南端の長崎鼻から南南西約40kmの位置にある竹島・硫黄島、坊ノ岬から南西約50kmの位置にある黒島の三島と、無人の昭和硫黄島や数個の岩礁で構成されています。
九州南端から南西にのびる南西諸島の最北部に位置しています。

気候は、おおむね亜熱帯的海洋性気候で、東に太平洋、西は東シナ海に面し、黒潮の影響を強く受けるために極めて温暖です。
しかし、台風の進路にあたり、冬は季節風が強いために風潮害が非常に大きいです。
雨量は年間およそ200~250mm程度ですが、黒島には非常に多く降り注ぎ、年間3,100㎜ほど降るときもあります。

imageimageimage
島のPR

【特徴】竹島・硫黄島とその周辺の岩礁は、中新期琉球火山脈に属する大型カルデラで、約6300年前に大噴火した鬼界カルデラの北西縁にあたる陸上部分に該当する。
両島ともに島の大部分を大名竹(学名リュウキュウチクと推定される)が覆うように生えている。また、硫黄島では島のシンボルである硫黄岳が未だ活動を続けている。
黒島は、宇治群島や草垣群島などとともに旧期琉球火山帯に属し、大名竹の他、シイノキ、タブノキ、ヤブツバキ、シャリンバイ、ミカンなどが確認されており、三島村のうちもっとも多才な植生が見られます。
また、渡り鳥などの長距離を移動する生物の中継地点として、豊富な種類が確認されている。
3島ともに、黒潮の豊富な魚種に恵まれ、天然の漁場として県内外から船が漁に訪れます。

【伝統文化】鹿児島と奄美諸島の間に位置する三島村の民族・芸能は、ほぼ鹿児島本土の民族文化と似通ってますが、安徳天皇を始め平家ゆかりの落人によって持ち込まれた風習や、琉球文化圏の影響もうけ、独自の精神文化を醸成しています。
鹿児島市から100kmの近距離にありますが、四方が海であるため今もなお古式の民族・風習が伝承されています。中でも、八朔踊りの際に役を払い、繁栄と活力を村にもたらす恐ろしい来訪紳の出現には、原初的な信仰心と日本文化の融合が見られます。
近年、西アフリカの打楽器「ジャンベ」を新しい伝統芸能にしようと、アジアで初めてのジャンベスクールを開校し、全国各地から短期・長期の練習のために来島します。また、島の子供達もジャンベに携わり、演奏を得意としています。

【食・特産品】各島で産出する「大名たけのこ」は、他種の筍と比較しアクがすくなく柔らかいため、そのまま直接火にくべて食べるほか、収穫仕立てを青果として、他水煮に加工され出荷されています。
また、硫黄島ではヤブツバキの実を採取し、良質な椿油の材料としているほか、椿油を石鹸やうどんに使用した特産品作りが行われている。

【イベント】毎年7月8月にミシマカップヨットレースが実施され、30艇ほどのヨットが毎年参加している。

島へのアクセス

【航路】村営定期船「みしま」(フェリーみしま)
鹿児島港 9:30 出港 → 竹島港 12:30 入港 → 硫黄島港 13:25 入港 → 黒島(大里港) 14:50 入港 → 黒島(片泊港) 15:35 入港
※片道航海時は、片泊港入港後鹿児島港に直接向かいます。他港に寄港しません。
《料金(片道)》2等客室 3,600円  1等客室 7,200円

【空路】鹿児島空港発 硫黄島空港着 特別定期便
※新日本航空運航のため要予約・要確認

東京からのアクセス例
羽田空港 →(飛行機)鹿児島空港 →(空港連絡バスなど)鹿児島新港 → フェリーみしま待合所
【同上】                  →(新日本航空)硫黄島飛行場

情報通信

・各住居に光ブロードバンド(ミシマデネット)を希望者に導入可能。
・携帯キャリアは、docomo、Softbankが集落内で通じる。但し3G回線

宿泊施設、食事処などの状況

宿泊施設は民宿のみ(竹島2件、硫黄島5件、黒島4軒)
島内に飲食店はありません。

島へ移住された方の声

豊かな自然環境で子育てをしたいと思い、移住しました。島にはコンビニやスーパーはないけれど、生活に不便を感じません、村の地区会や青年会婦人会、子ども育成会などの行事を通じて地域に溶け込むことが出来ました。
学校では少人数での授業をするため子どもと先生の距離が近く、いつもいきいきとしている様子で、楽しそうにしています。

アイランダー2017への出展内容に関するPR

今回は、三島村の映像をお持ちします。映像に移ってる内容の質問など、お気軽にブース内へお越しください!
島マルシェでは、本村の特産品を持ち込み販売するほか、新特産品として開発している商品の試食会も行います。
こちらもぜひお立ち寄りください!

島活相談員
相談員区分: 行政(職員)UIJターン(経験者)
相談分野: 仕事
※島活相談員がくるブースには、相談の分野により下記アイコンがついています
  • 住まいについてのご相談
  • 仕事についてのご相談
  • 島への留学についてのご相談
  • 行政からの移住支援について
島のくらし情報

仕事・医療・住居などの情報が掲載しております。島への移住を希望される方はこちらをご覧ください。

島のくらし情報(PDF)
Adobr Readerダウンロード

PDFファイルを見るにはAdobe Readerが必要です。
ダウンロードはコチラ

トップへ