出展団体プロフィール
種子島:歴史と科学が融合する 宇宙に一番近い島
屋久島:人と自然と文化と共に 世界自然遺産の島
photo

種子島の美しいビーチ (浦田海水浴場)

鹿児島県

種子島屋久島振興協議会

URL

● 西之表市:http://www.city.nishinoomote.lg.jp/
● 中種子町:http://town.nakatane.kagoshima.jp/
● 南種子町:http://www.town.minamitane.kagoshima.jp/
● 屋久島町:http://www.town.yakushima.kagoshima.jp/
● 種子島観光協会:http://tanekan.jp/
● 屋久島観光協会:http://yakukan.jp/

島の情報
島の概要
image

【島名】種子島(たねがしま)…西之表市・中種子町・南種子町の1市2町で構成。
【所在地】九州の南端鹿児島佐多岬から南方約43km、鹿児島市から約115kmの洋上に位置する。
【面積】453.83㎢
【周囲】169.6km
【人口】西之表市…15,967人、中種子町…8,135人、南種子町…5,745人(H27国勢調査)
【世帯数】西之表市…7,368世帯、中種子町…3,741世帯、南種子町…2,727世帯(H27国勢調査)
・青い空と澄んだ海、豊かな自然に囲まれた島です。
・島の年平均気温は摂氏約20度と温暖な「亜熱帯性気候」です。
・夏場は南国を感じさせる強い日差しがふりそそぎ、冬場は北西の季節風が強いですが0度を下回ることはほとんどありません。
・台風は年に4~5回、7月から10月にかけて来襲し交通機関に影響が出ることがあります。

image

【島名】屋久島(やくしま)
【所在地】九州の南端鹿児島佐多岬から南方約60km、鹿児島市から約135kmの洋上に位置する。
【面積】504.48㎢  
【周囲】132km
【人口】12,913人(H27国勢調査)※口永良部島人口も含む
【世帯数】6,133世帯(H27国勢調査)※口永良部島世帯も含む
・青い空と澄んだ海、豊かな自然に囲まれた島です。
・島の年平均気温は摂氏約20度と温暖な「亜熱帯性気候」です。
・夏場は南国を感じさせる強い日差しがふりそそぎ、冬場は北西の季節風が強いですが0度を下回ることはほとんどありません。
・ほとんど霜を見ませんが、12月から2月にかけては山頂部付近では積雪(最大2m)が見られます。
・台風は年に4~5回、7月から10月にかけて来襲し交通機関に影響が出ることがあります。
・中央部にはは九州最高峰の宮之浦岳(1,936m)をはじめ、永田岳、黒味岳等の山群が奥岳を形成し、峻険な峰々が並び、洋上のアルプスと呼ばれることもあります。
・降雨量は年間平地で4,000㎜~5,000㎜、山頂部では8,000㎜~10,000㎜に達することもあります。
・世界に類のない推定樹齢7,200年とも言われる縄文杉をはじめとする島固有の植物が垂直に分布しており、『植物の宝庫』とも言われています。
・この豊かな自然資源が評価され、平成5年に日本で初めて『世界自然遺産』に登録されました。更に『ラムサール登録湿地』や『ユネスコエコパーク』に登録されています。
・平成24年3月霧島屋久国立公園から分離し、新たな国立公園『屋久島国立公園』として誕生しました。

imageimage

【島名】口永良部島(くちのえらぶじま)
【所在地】鹿児島県熊毛郡屋久島町(くまげぐんやくしまちょう)
【面積】38.04㎢  
【周囲】49.67km
【人口】116人(平成29年7月末、住民基本台帳)
【世帯数】60世帯(平成29年7月末、住民基本台帳)
・口永良部島は、屋久島の北西約12㎞に位置し、鹿児島県熊毛郡屋久島町に属します。
・島はひょうたん型をしており、その中心に平成27年5月に大規模な噴火をした新岳がそびえる活火山の島です。
・平成19年3月に溶岩台地と照葉樹林、サンゴと熱帯魚、湧き出る温泉など豊かな自然が評価され、島まるごと国立公園になりました。
・島内には4か所の温泉があり、島の周辺は魚釣りのポイントも多いため、1年を通して観光客が訪れます。
・平成28年にはユネスコエコパークへ登録され、生態系の保全と持続可能な利活用の調和を目指していきます。

島のPR

【種子島】
種子島は、日本で初めて鉄砲が伝来した歴史ある島で、世界で最も美しいロケット発射場がある、宇宙に最も近い島です。
離島ならではの美しい海や自然はもちろん、島のいたるところにサーフポイントが点在しており、「サーフィンの聖地」と呼ばれています。
◆見る:①鉄砲館…国産第一号の火縄銃などを展示、②種子島宇宙センター…世界一美しいロケット発射場、③千座の岩屋…千人が座れる神秘の洞窟
◆遊ぶ:①マリンスポーツ(サーフィン、ダイビング、釣り)
◆特産品:①安納芋、②海の幸(トビウオ、トコブシ、水イカ)

【屋久島】
《世界自然遺産》屋久島は、縄文杉をはじめとする豊かな緑、自分の小ささをありありと感じる滝や渓谷、九州最高峰宮之浦岳をはじめとする雄々しい山々などその豊かな自然で知られています。その生物地理的に特異な自然環境が評価され縄文杉、宮之浦岳を含む島の中央部などが平成5年12月に世界自然遺産登録地となりました。その豊かな自然を愛し、守ろうとするさまざまな取り組みが行われています。
《自然と人との共存》屋久島の人々は自然と共に生活を送っています。それが顕著に表れているのが、屋久島での発電事情です。屋久島は、年間降水量が日本一と雨に恵まれた水と緑の島です。そのことを生かし、屋久島では家庭用電力の99%を水力発電により生み出しています。
《文化・伝統》屋久島の里地にいると後ろには里を見守るように高い山岳がそびえたっています。古くから屋久島の人々は屋久島の「岳」を神聖なものとして扱ってきました。今でも各集落には「岳参り」と呼ばれる山の神に集落の平安を願うための詣でが行われていたり、山の神に捧げる祭りが集落で行われたりしています。
《特産品》屋久島はその自然の豊富さから沢山の特産物がありますが、中でも有名なものをカテゴリ別に紹介します。
*農産物「ぽんかん、たんかん」
屋久島南部の温暖な気候と豊富な雨と山の恩恵を受けた水で育った屋久島の自然のすべてを一玉に凝縮したぽんかんたんかんはその甘味から人気を得ています。
*水産物「トビウオ、首折れサバ」
屋久島はとびうおの水揚げ量が全国一であり、その身は丸揚げ、刺身、練り物など様々な工夫を凝らして食べられています。
首折れさばは、傷むのが早いサバの鮮度を保つためにつったゴマサバの首を折って血抜きしたものです。更に、さば節にも加工され、様々な料理の出汁に使われています。
*加工品「芋焼酎、屋久杉工芸品」
屋久島といえば芋焼酎!屋久島の民家にお邪魔すると「三岳」という地酒が必ず一本以上は置いてあります!地元の人と交わす一杯は至福のひととき。
屋久杉はその深みのある色、緻密な木目、柔らかさで人気の木材です。それを熟練の職人が自らの作品として加工品へと昇華させます。置物、箸、茶碗などが人気です。

【口永良部島】
①≪伝統・文化≫金峯神社奉納祭(島の神社の大祭。男の人は「棒踊り」を女の人は「日の本踊り」神社に奉納します。)7月第3週頃
②≪イベント≫港祭り・夏祭り(お盆時期は出島者や親せきなどが集まり島が最も賑やかになる時期なので、この時に合わせ8月12日(港祭り)と8月13日(夏祭り)を開催しています。)その他、主な行事は、鬼火焚き(1月)・金峯神社の大祭(7月)・夏祭り(8月)・十五夜(9月)など。
③≪観光スポット≫島内に4か所の温泉があります。(本村温泉・湯向温泉・西の湯温泉・寝待温泉)
④≪食・特産品≫9月~3月末まで伊勢えび漁が行われています(4月~8月は禁漁区)。その他、焼酎用の芋の栽培やガジュツ栽培が行われています。
⑤≪動植物≫エラブオオコウモリ(国の天然記念物(絶滅危惧種)に指定されている貴重な生き物)/ミシマサワガニ(鹿児島県の天然記念物)/ウミガメが周辺海域に生息していてよく観察されます。/口永良部島周辺海域で海流が交じり合っているため、魚種・量ともに多く海の資源が豊かです。
⑥≪ひと≫一日一便の船が唯一の交通手段という不便な所だからこそ、島民は来られる方は皆おもてなしする気持ちで皆様に接しています。/特に島のイベント時に合わせて来島頂けると色々な島民と直接話しが出来、島の様子がより伝わると思います。
⑦≪くらし≫四季折々の海の幸、山の幸がとれます/海の幸:オヤビッチャ(ヘキ)、カツオ、カンパチ、キハダマグロ、クロメジナ(クロ)、ブダイ、亀の手(貝)など/山の幸:ホウロクイチゴ、桑の実、島ばなな、ひげもも、グァバ、シャシャンボ、山芋、タケノコ など/島の中心は港のある本村地区で、役場出張所や小中学校や診療所なども同地区にあります。

島へのアクセス

【種子島】種子島へは、鹿児島から高速船で約1時間35分、飛行機で30分とアクセスが便利です。
《航路》
●高速船(ジェットフォイル)…(名称:トッピー・ロケット)種子島⇔鹿児島(片路約1時間35分)6便 片道運賃 約7,000円
*問合せ先;トッピー&ロケット予約センター(TEL)099-226-0128
●フェリー(名称:プリンセスわかさ)種子島⇔鹿児島(片路約3時間30分)1便 片道運賃 約3,800円(2等運賃) *問合せ先;コスモライン…099-222-8271
(名称:はいびすかす)種子島⇔鹿児島(片路約3時間40分)1便 片道運賃 約3,500円 *問合せ先;新屋敷商事(株)…099-261-7000、0997-22-1355
《航空路》
羽田⇔鹿児島(片道約1時間40分)各航空会社にお問い合わせください。
種子島⇔鹿児島 (片路約35分)JAL往復 4便(※発着時刻は月により変更があります)
*問い合わせ先;JAL国内線予約(TEL)0120-25-5971 http://www.jal.co.jp/dom/ 種子島航空センター(株)(TEL)0997-27-3737

【屋久島】屋久島~鹿児島間を結ぶ交通手段は船と飛行機があります。船は、フェリー(フェリー屋久島2、はいびすかす)と高速旅客船(ジェットフォイルトッピー&ロケット)が就航しています。飛行機は、Q400型機、ATR機が就航しています。
《航路》
●フェリー屋久島2:1日1往復(片道約3時間50分)鹿児島~屋久島(宮之浦港)往復大人8,900円
●フェリーはいびすかす:1日1往復(片道約6時間20分)鹿児島~西之表~屋久島(宮之浦港)往復大人7,200円
●高速船(ジェットフォイル)トッピー&ロケット 往復大人15,000円 
・1日6往復(所要時間[直行便]約1時間50分・〔種子島経由〕約2時間40分)(繁盛記は増便)
・鹿児島~種子島~屋久島(安房港)の2往復(内安房港⇒鹿児島の1便は直行便)
・鹿児島~種子島~屋久島(宮之浦港)の4往復(内鹿児島⇒宮之浦港の2便、宮之浦港⇒鹿児島の1便は直行便)
《航空路》
●飛行機 往復大人25,200円(チケット申込時期、搭乗時期によって前後します。)
・1日5往復(繁盛期は増便)鹿児島空港~屋久島空港(所要時間約30分)
・1日1往復 大阪(伊丹)空港~屋久島空港(所要時間約1時間35分)
・1日1往復 福岡空港~屋久島空港(所要時間約1時間10分)

【口永良部島】
≪航路≫ 島に来るための唯一の交通手段は、屋久島〔宮之浦港〕と口永良部島〔本村港〕を結ぶ町営船フェリー太陽です。 船の運航は、電車やバスと異なり天候に大きく左右されますのでご注意下さい。 波の高さが3~4m以上ある時は、船が港に接岸する事が出来ない等の理由により欠航します。台風などの影響により1週間ぐらい船が欠航する事もあります。 その日の船が出るのか出ないのか等の確認は、 〔屋久島町役場財産管理課船舶係〕0997-43-5900までお問い合わせ下さい。
-フェリー太陽発着時刻-
<奇数日> 屋久島(13:00)→口永良部島(14:40)/口永良部島(15:10)→屋久島(16:50)
<偶数日> 屋久島(8:10)→口永良部島(9:50)/口永良部島(10:30)→屋久島(12:10)
-旅客運賃料- 一等大人4,220円(小人2,100円)、二等大人2,100円(小人1,050円)
≪島内交通≫レンタカー・レンタバイク
島内:畠商会(0997-49-2281)※台数が少ないので、利用する場合は事前予約がおすすめです。屋久島からレンタルされて来られる方もいらっしゃいます。なお、屋久島からレンタサイクル(自転車)を持ち込まれる方もいらっしゃいますが、アップダウンがありおススメはしません。

情報通信

【種子島】
島内では光ファイバーによる通信が可能で、インターネット生活に大きな不便はありません。
(西之表市:整備済、中種子町・南種子町:整備中)
インターネット(Wi-Fi)を利用できる宿泊施設も増えてきていますが、事前に確認が必要です。
携帯電話の通信状況はNTTドコモはほぼカバーできています。他社については、一部圏外になるエリアがありますが、生活への支障はほぼありません。

【屋久島】
屋久島のインターネット環境はADSL回線となっています。ただし、交換局からの距離によっては通信できない場合もあります。
インターネットを利用できるホテルも一部ありますが、詳しくは事前にご確認ください。
携帯電話の通信状況はNTTドコモ・auのエリアが広く、使用するにあたり問題はありません。
なお、ソフトバンクも使用できますが、一部つながりにくい地区があります。詳しくは各社へお問い合わせください。

【口永良部島】
一般世帯において情報通信基盤として利用できるのは、有線式の加入電話サービスと携帯電話サービスです。(ただし、ADSLサービスは利用できません。)一般的にはFOMA回線(docomo)での接続となります。携帯電話もdocomoが一番使用エリアが広く、他の携帯会社は一部使用出来ないエリアがあります。詳しくは、宿のご予約時などに使用状況をご確認下さい。

宿泊施設、食事処などの状況

【種子島】
種子島のホテル・旅館・民宿などは、島の玄関口である西之表港がある西之表市街地やサーフィンに便利な東海岸、種子島空港に近い中種子町、そして種子島宇宙センターがある南種子町の中心地及び観光スポット付近にあります。
ご希望の所へ泊まれない場合も、種子島は細長い島で、移動時間は車で東西で20分程度、南北で1時間程度とそれほど苦にはなりません。
詳しくは「種子島観光協会」または「種子島西之表市旅館組合」ホームページをご覧ください。

【屋久島】
島内に民宿・旅館・ホテルが合わせて130軒以上あります。
料金は1泊2食6,000円程度~、素泊まりは2,000円程度からあります。その他、キャンプ場も数軒あります。
詳しくは「屋久島観光協会(℡:0997-49-4010」へお問い合わせください。

【口永良部島】
島内には、8か所の宿泊施設があります。どの宿も事前予約をお願いいたします。
なお、島内に食堂はございません。お弁当などご要望の場合は、宿泊ご予約時に宿の方にご確認下さい。

【本村地区】がじゅまる(0997-49-2168)、山波見(0997-49-2988)
【前田地区】夕景(0997-49-2133)、金岳(0997-49-2605)、番屋(0997-49-2202)
【田代地区】くちのえらぶ(0997-49-2213)
【湯向地区】恵文(0997-49-2277)、あぐり(0997-49-2033)

島へ移住された方の声

【種子島】
西之表市では平成26年度から「西之表市地域おこし協力隊」が中心となって、移住者向けのパンフレット制作に向けて移住者・定住者にインタビューを行ってきました。
インタビューから出てきた主な声としては
・海がきれいなことは知っていたが、意外と山もあり自然に囲まれている。
・「海・山・食べ物・星空」がきれい。
・意外と冬が寒い(季節風が強い。)
・移住者をすんなりと受け入れてくれる。特別視しない。
・島暮らし=スローライフのイメージがあったが結構忙しい。
・男性はシャイだが打ち解ければ熱い!女性はパワフル!
・集落ごとに気質・性格・言葉まで違う。
・ネット環境がいい。
・都会で感じていたストレスが無くなった。
・良い意味でも悪い意味でも近所付き合いがある。
等の声がありました。出来上がったパンフレットを持参していますのでぜひご覧ください。

【屋久島】
Yさん、移住者物語
Yさんが移住を決めたのは、旅行で屋久島に来た次の日の朝のいくつかの「出会い」のおかげ。雷雨明けのモッチョム岳の岩肌の精悍な美しさとの出会いと、自分たちに元気に挨拶してくれる島の子どもたちとの出会いだった。「おはようございます」と見ず知らずの自分たちに挨拶する様子に、「ここでなら暮らしていける」と奥様が直感したのだ。
旅の間に土地も決め、数ヶ月後には家の建設が始まり、1年後の6月には屋久島への移住を果たした。
移住して大変だったのは、地元の人の言葉に慣れること。できるだけ会合には積極的に参加しようと決めたYさん。集落の放送で集合がかかるたび、顔を出しに行ったものの、場違いでとまどうこともあった。そんなときも、地元の人たちはせっかく来たのだからと輪に入れて親切にしてくれた。しばらくは、会合にでてもなかなか言葉がわからず、とまどう場面も数知れず。せっかくの笑い話も通訳してもらって、一足遅く大声で笑うこともたびたび。それでも、Yさんは、地域になじんでいくため、地域の行事には積極的に足を運び続けた。
移住する人が心がけることは何かと伺うと、一言。「ここに来たときはみんな1年生」。立派な肩書きや職歴、莫大な財産があろうとなかろうと、誰もが移住してきたら1年生だから、集落の先輩たちの意見を聞き、まわりの人たちにならって生活をしていくことが一番大事なことだとYさんは言う。
Yさんは実は、4年前に一緒に移住された奥様を亡くされている。亡くなる直前、「いい所に連れて来てくれた」としきりにYさんに語られていたそうだ。Yさんは、今も島で一人暮らしを続けている。名古屋に帰ろうとは思えないそうだ。集落の仲間や近所の人たちがひっきりなしに心配して見に来てくれる。夕食を差し入れてくれる。ひとりっきりじゃないといつも思える。「島の人は、みんなほんとに心底いい人ばかり。ここにいたら孤独死なんてないよ」と島への想いを語った。今では集落の子供たちからお年寄りまでに、ニックネームで呼ばれ頼りにされているYさん。周りから必要とされるこの場所がYさんの幸せな場所だ。

【口永良部島】
kさんは17年前に口永良部島に移住しました。人口約100人という島のスケールは、一人一人の存在価値があり、役割があり、人と人との繋がりが密接な地域と言えます。都会とは全く異なった価値観で、肩書などでなく、その人なりが判断される場所。それは、やりがいとなり、同時に責任も伴うところです。何をするにもパイオニア、工夫しがいがあります。

アイランダー2017への出展内容に関するPR

【種子島】
田舎暮らし・島暮らしを考えている皆さん、交通アクセスも便利で生活しやすい種子島、自然や文化を存分に体感できる種子島の紹介ブースへどうぞお越しください。
「観光に行ってみたい」、「島の食べ物や飲み物を味わってみたい」と思っている方も大歓迎!
来場者の皆様へ、魅力たっぷりの種子島の情報を盛りだくさんにお伝えします。
移住・定住、留学やお仕事に関する相談はもちろん、旅行や楽しみ方などについても、島のスタッフがあたたかく対応します。
島から持ってきたおいしい食べ物と一緒に、種子島の素晴らしさをぜひ知ってください。

【屋久島・口永良部島】
アイランダー2017では来場者の皆さまに豊かな自然に恵まれた屋久島・口永良部島の本当の魅力を知ってもらいたいです。
屋久島・口永良部島に行ってみたいなと思っている方や移住を考えている方が屋久島・口永良部島を肌で感じられるように島の雰囲気をブースにしました。
特産品や展示物から屋久島・口永良部島の緑・水・空…島のすべてを全身で味わってみてください。
移住・定住ブースでは屋久島・口永良部島への移住相談をおこないます。移住を考えるにあたっての質問・疑問・不安などなんでもご相談ください。

島活相談員
相談員区分: 行政(職員)UIJターン(経験者)
相談分野: 仕事
※島活相談員がくるブースには、相談の分野により下記アイコンがついています
  • 住まいについてのご相談
  • 仕事についてのご相談
  • 島への留学についてのご相談
  • 行政からの移住支援について
島のくらし情報

仕事・医療・住居などの情報が掲載しております。島への移住を希望される方はこちらをご覧ください。

島のくらし情報(PDF)
Adobr Readerダウンロード

PDFファイルを見るにはAdobe Readerが必要です。
ダウンロードはコチラ

トップへ