出展団体プロフィール
空海ゆかりの「青木石」・・・いろは石の島・・・
photo

百年近い歴史を持つ「青木石の採石場」

香川県

青木石材協同組合

URL

● 丸亀市:http://www.city.marugame.lg.jp/
● 丸亀市観光協会:http://www.love-marugame.jp/

島の情報
島の概要

香川県と岡山県に挟まれた、備讃瀬戸のほぼ中央に位置します。(香川県丸亀市広島町)
人口は現在280人程ですが、増加する要素は極めて少なく、超高齢化の進んでいる状況です。
気候は非常に温暖で、四国山地と中国山地に囲まれているため「海洋性の気候」の部分と「盆地」気候の良いとこ取りです。
雨が少ないため、唯一少雨による災害が懸念される程度で、台風が近くを通過しても大きな災害にはなりにくいです。
離島であるが故に、本土を結ぶ唯一の交通機関である「船」の欠航が、「孤立」を招きます。
春先の「濃霧」、夏場の「台風」、冬場の「強風(季節風)」に、船舶の欠航がたまにございます。
周囲は16km程度ありますので、瀬戸内海の島々の中でも中規模の分類に入る島です。

image
島のPR

四国から10km、本州から13kmも沖合にある離島であるにもかかわらず、船に乗れば20分~40分で渡ることができ、公共の船便も丸亀(四国側)に8往復/1日あり、不便さの中にも交通の便は充実しております。
塩飽諸島最大の面積をほこり、海と山の大自然を堪能できます。
温暖な瀬戸内海気候に育まれ、島の人々は温和で優しい。
手つかずの自然観光スポットが点在しており、島の周回道路も整備されております。
「いろは石」:独特の書体で、生きていくための教訓が、「青木石」に刻まれ、いろは順に44基の句碑が島中を廻っている。
「王頭山」:標高320m(別名:塩飽富士)、急峻な山ながら山頂部分は砂漠状態で平坦である。(学術的にも珍しい)
「心経山」:標高250m(青木石の聖地)、空海が修行したとされる「祠」があり、山頂部分は岩塊に覆われている。
・・・・・・・・・両山とも山頂からの瀬戸内海の多島美は絶品で、大パノラマが楽しめる。
・・・・・・・・・さえぎるものが無いため標高以上に高さを感じ、1時間以内で登山でき、トレッキングには最適
「旧尾上邸」:江戸時代後期の廻船問屋屋敷跡、屋敷建築とその石垣の荘厳さは、まるで「お城」です。

島へのアクセス《空路アクセス》
東京 ⇒ 丸亀港
羽田空港⇒高松空港(1時間20分)
高松空港(空港バス利用)(1時間)⇒JR丸亀駅(徒歩5分)⇒丸亀港

《鉄道アクセス》東京 ⇒ 丸亀港
東京駅「新幹線」(3時間30分)⇒岡山駅「JR瀬戸大橋線特急」(40分)⇒JR丸亀駅(徒歩5分)⇒丸亀港

【海上アクセス】丸亀港 ⇒ 讃岐広島
丸亀港(高速船)(約20分)⇒讃岐広島(江ノ浦港)  料金:¥570/人(5往復/日)
丸亀港(フェリー)(約40分)⇒讃岐広島(江ノ浦港)  料金:¥570/人(3往復/日)

情報通信

・全島でLTEが利用可能。
・利用できる携帯電話は、すべてのキャリアが利用可能ですが、一部のキャリアで通信できにくいエリアがあります。

宿泊施設、食事処などの状況

【宿泊施設】
* ひるねこ(茂浦地区)  *たびねこ(茂浦地区) 要予約《連絡先》代表者: 平 井  明(0877-29-2734)
* 香川旅館(夏季の土日祭日のみ営業、要予約)

【お食事処】
常時営業の飲食店はありません。

島へ移住された方の声

移住されたり、Ùターン、Iターンされた皆様の、総合的な意見としては・・・・・・
気候が温暖で、災害が少なく、島の人々が温和で優しく親切。
都会に比べて不便な反面、大自然の中で四季を感じながら、ゆったりと時が過ぎてゆく・・・
「人として・・・」を取り戻したような感覚がある・・・・そうです!
*************************************************************
本当は、季節はこうして移ろいゆくのだと島に住み始めてから気が付きました。
季節ごとに花が咲き、空や海の色が変わり、食卓の魚や野菜が変わる。
東京にいる時はカレンダーを見て日を追っていましたが、島では確実に1日が過ぎていくことを肌で感じます。
(20代女性)

アイランダー2017への出展内容に関するPR

瀬戸内海の雄大な自然美と多島美、主幹産業の石材(青木石)をパネル展示にて紹介致します。
《ワークショップ》
* 石臼コーヒー体験: 青木石製の石臼でコーヒーの豆挽きを体験。コーヒーを1杯¥100で試飲できる。
* 石のお宝さがし : 石膏ダンゴをハンマーで叩きこわし、中に隠れた宝石を採掘する。¥200/回(当りは景品進呈)
* 王頭山(塩飽富士)、心経山(空海縁)からの、圧倒的な景色を紹介
* 旧尾上邸は江戸時代の廻船問屋屋敷跡、その建屋と石垣はまるでお城です。
* 「いろは石」という島内周回道路に建つ「42基」の句碑。生きていくための教訓が独特の書体で刻まれています。
---------------------------------------------------------------------------------------------(藤本玄幽 筆)----------

島活相談員
相談員区分: 行政(職員)UIJターン(経験者)
相談分野: 仕事
※島活相談員がくるブースには、相談の分野により下記アイコンがついています
  • 住まいについてのご相談
  • 仕事についてのご相談
  • 島への留学についてのご相談
  • 行政からの移住支援について
島のくらし情報

仕事・医療・住居などの情報が掲載しております。島への移住を希望される方はこちらをご覧ください。

島のくらし情報(PDF)
Adobr Readerダウンロード

PDFファイルを見るにはAdobe Readerが必要です。
ダウンロードはコチラ

移住者インタビュー

移住したきっかけや、不安、移住してよかったことなど答えました。

インタビュー(PDF)

トップへ