出展団体プロフィール
豊かな自然と明日の世界遺産に出会う島・上五島
photo

自然豊かな地で子育てしませんか?

長崎県

新上五島町~五島列島~

URL

● 新上五島町役場:http://official.shinkamigoto.net/
● 新上五島町観光物産協会:http://shinkamigoto.nagasaki-tabinet.com/

島の情報
島の概要

 新上五島町は、九州の西端、長崎県五島列島の北部に位置し、中通島と若松島を中心とする7つの有人島と、60の無人島から構成されています。本土には、奈良尾港から長崎港まで77km、有川港から佐世保港まで60kmの距離(いずれも直線)にあり、総面積は213.94平方kmです。
 地形は、全般に細長く、急峻な山々が連なり、東は五島灘、西は東シナ海に面しており、自然の美しさと荒々しさを合わせ持っています。平地は、沿岸沿いにわずかに広がっている程度であり、海岸延長は約429kmに及び、波の侵食で切り立った断崖の荒々しさや白砂の自然海岸など、様々な表情を持つ海と急峻な山々が織りなす景観は本町の特徴となっています。また、東海岸の断崖の眺望と、西海岸に広がる若松瀬戸の景観は、非常に美しく観光客にも人気があります。海と山の豊かな自然を擁する新上五島町は、その大部分が西海国立公園に指定されています。

気候は、対馬暖流の影響を受け、年間平均気温17.0度(平成27年度 気象庁)と比較的温暖な気候です。
春から夏には南東の風が、秋から冬にかけては北西の季節風が多く、また、台風の常襲地域でもあり年間降雨量が多くなっています。

島のPR

新上五島町には29のカトリック教会があり、祈りが捧げられています。いずれも、明治6年(1873年)キリシタン禁教令が解かれたあと、自らの信仰の拠り所にと信者の熱心な労働奉仕などによって建立されたもので、平成19年1月、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」がユネスコの世界遺産暫定リストに登録され、本町では「頭ヶ島天主堂」が世界遺産構成資産のひとつとなっております。(現在、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に名称が変更されています。)

島へのアクセス

●東京→福岡空港を利用する場合
 ・福岡空港国内線ターミナル→(地下鉄 10分)→JR博多駅→(バス 20分)→博多埠頭→(夜行フェリー 5時間30分)→青方港
 ・福岡空港国際線ターミナル→(高速バス 1時間30分)→佐世保バスセンター→(徒歩 15分)→佐世保港→(高速船 1時間30分/フェリー 2時間30分)→有川港

●東京→長崎空港を利用する場合
・長崎空港→(高速バス 50分)→大波止バス停→(徒歩 10分)→長崎港→(高速船 1時間30分/フェリー 2時間30分)→鯛ノ浦港 or 奈良尾港
・長崎空港→(高速バス 1時間45分)→佐世保バスセンター→(徒歩 15分)→佐世保港→(高速船 1時間30分/フェリー 2時間30分)→有川港

情報通信

・島には海底光ファイバーが敷設されており、一部の地域で利用可能です。
・インターネットを利用できるホテルや旅館もありますが、詳しくは事前にご確認下さい。
・利用できる携帯電話は、すべてのキャリアが利用可能ですが、一部通信できないエリアがあります。

宿泊施設、食事処などの状況

・島には、民宿からリゾートホテルまで多数の施設があります。 ご予算に合わせてお選びください。

島へ移住された方の声

 

アイランダー2016への出展内容に関するPR

・島の特産品「五島うどん」や「かんころもち」などを取り揃えております。
・先輩移住者も参加します!

島活相談員
相談員区分: 行政(職員)UIJターン(経験者)
相談分野: 住まい仕事
※島活相談員がくるブースには、相談の分野により下記アイコンがついています
  • 住まいについてのご相談
  • 仕事についてのご相談
  • 島への留学についてのご相談
  • 行政からの移住支援について
島のくらし情報

仕事・医療・住居などの情報が掲載しております。島への移住を希望される方はこちらをご覧ください。

島のくらし情報(PDF)
Adobr Readerダウンロード

PDFファイルを見るにはAdobe Readerが必要です。
ダウンロードはコチラ

トップへ